お電話

あいのブログ

ホーム > あいのブログ

抗菌薬(抗生物質)について正しく知ろう

ばい菌

 

抗生物質とは?

病気にかかった際、病院で抗菌薬(抗生物質)を処方されることがあります。

抗菌薬は、細菌などによる病気に効きますが、ウイルス性の病気には効きません。

抗菌薬の効き目については下記の通りです。

○細菌による病気
溶連菌感染症、細菌性肺炎、マイコプラズマ肺炎、百日咳、細菌性腸炎、尿路感染症、急性中耳炎、急性副鼻腔炎、とびひなど

×ウイルスによる病気
かぜ症候群、インフルエンザ、ウイルス性腸炎、突発性発疹、アデノウイルス感染症、手足口病、ヘルパンギーナなど

 

抗菌薬は最後まで飲む

抗菌薬は、最後まできちんと飲みきりましょう。

症状が良くなったから、熱が下がったからといって、途中でやめてはいけません。

抗菌薬をとっておいて次の病気のときに飲ませるというのもいけません。

病気のサインを中途半端に消してしまうので、正しい診断ができず病気をこじらせてしまうことがあります。

 

抗菌薬の副作用

抗菌薬を使用すると下痢をすることがあります。

これはもともと腸の中にいる「良い細菌」までやっつけてしまうことが原因です。

しかし、副作用やアレルギー反応で下痢をしている場合もありますので、下痢症状が強かったり、長引く場合は医師にご相談ください。

 

抗生薬との飲み合わせ・食べ合わせで注意するもの

 

1.抗生物質と酸性飲料(柑橘系ジュース、乳酸菌飲料、スポーツ飲料)

酸性により製剤のコーティングがはがれ、苦みが増します。

・クラリス、クラリシッド、ジスロマック

 

2.抗生物質と牛乳、乳製品

乳製品に含まれるカルシウムと結合して薬剤の吸入が悪くなります。

・ミノマイシン

 

3. タミフル(抗ウイルス剤)

バニラアイス、リンゴジュース、では逆に苦みが増します。

混ぜるとすればチョコアイスクリームのみ苦みが増しません。

 

4.カロナール細粒(解熱鎮痛剤)

ヨーグルト、スポーツ飲料、果汁ジュースなどで苦みが増します。

 

5.その他

フロモックス、ホスミシンは何も混ぜない方が飲みやすい。

セフゾン、ケフレックスは味が良い。

 

※くすりにハチミツを混ぜてはいけません
赤ちゃんにハチミツを与えると、乳児ボツリヌス症という病気にかかることがあるので注意してください。

 

乳児ボツリヌス症とは?

1歳未満の赤ちゃんがハチミツなどの食品に混入したボツリヌス菌の「芽胞(がほう)」と呼ばれる、菌の種のようなものを口にしたことで発症する感染症です。

神経系や筋肉に麻痺を起こす病気です。

 

抗生物質以外にも、病院で処方される薬は必ず正しく飲みましょう。

薬の飲み方について、ご不明な点や不安に思うことがあれば三国の内科、小児科のファミリークリニックあいにご相談ください。

 06-6150-2051

おたふく風邪(流行性耳下腺炎)

「こどもが熱っぽい」、「ほっぺのあたりが赤くなっている」、「食欲がない」。

もしかすると、おたふく風邪かもしれません。

人から人へ感染する病気で、こどもの間でも流行することがある「おたふく風邪」について解説します。

おたふく風邪

おたふく風邪にかかりやすい人

おたふく風邪は、男女ともにかかる病気であり、年齢層では3〜6歳くらいの幼児や小学校低学年がかかりやすい病気です。

大人でもおたふく風邪にかかることはあります。

なお、一度おたふく風邪にかかると免疫ができるため、二度かかることは通常はないといわれています。

 

おたふく風邪の症状

おたふく風邪は、ムンプスウイルスによって感染し、2〜3週間の潜伏期間を経て発症します。

おたふく風邪にかかると、耳下腺部にあたる耳の下からあごにかけて腫れが出ます。

腫れは、左右どちらか片方の場合もあれば、両方が腫れる場合もあります。

また、痛みがひどく、食事をとれなくなる人もいれば、ほとんど腫れない人など個人差があります。

腫れは1週間から10日間ほどでおさまってきます。

他にも、発熱、倦怠感、咳、首や肩の痛み、腹痛、嘔吐、食欲低下などの症状が出ることがあります。

 

おたふく風邪の原因と予防

おたふく風邪は、ムンプスウイルスに感染した人から咳やくしゃみなどによる飛沫感染、接触感染などで主にうつります。

そのため、おたふく風邪が治るまで、学校や幼稚園、保育園への登校、登園はしないようにしてください。

おたふく風邪を効果的に予防するための唯一の方法は、おたふくワクチンによる予防接種です。

ワクチンを接種し、免疫をつくることでおたふく風邪にかかるリスクを減らすことができます。

特に乳幼児の方は、集団生活が始まる前に予防接種を済ませておくことをお勧めします。
(※1歳になれば接種することができます)

 

おたふく風邪のリスク

おたふく風邪は、こどもよりも大人がかかった時に重症化するリスクが高い傾向にあるため、過去におたふく風邪にかかったことがなかったり、予防接種を受けていない大人の場合は注意が必要です。

重症化すると髄膜炎や脳炎、難聴、睾丸炎、卵巣炎、膵炎など合併症のリスクがあります。

 

おたふく風邪にかかったら?

まずは、他の人にうつさないよう、極力接触を避けましょう。

おたふく風邪に対する特効薬は今のところなく、症状を和らげるための対症療法が中心とウイルス性の感染症であるため、抗生物質なども効果がありません。

高熱が出た場合や、耳の下の痛みが強い場合は、解熱鎮痛薬を処方することがありますが、症状が治まるまで安静に過ごしましょう。

耳の下の痛みには、氷や冷却シートで冷やすと軽減することがあります。

おたふく風邪が疑われる場合は、お近くの病院、クリニックで診察を受けてください。

 

東三国、三国のファミリークリニックあいでは、おたふく風邪の診療、診察を受け付けております。

06-6150-2051

坐薬を赤ちゃんにうまく入れる方法

正しい坐薬の使い方

坐薬は、鎮痛解熱剤や吐き気止めによくある剤形です。

肛門に挿入したあと成分が直腸から吸収されるため、効きめが早いのも特徴です。

ただし、坐薬を使うタイミングは、挿入の刺激で便意を催すことがあるので、排便後に入れると良いでしょう。

 

挿入の準備をする

赤ちゃんならおむつをとって、清潔な指でシートから取り出し、挿入の準備をします。

坐薬を1/2または2/3を使う場合は、包装状態のまま清潔なはさみなどで切ります。
(残りの坐薬は使用しないで下さい)

坐薬の先をベビーオイルやオリーブ油などをつけると滑りやすく刺激が弱くなります。

 

肛門にすばやく挿入します

おむつを替える要領でお子さんの足を上げ、とがったほうから肛門入れます。

挿入後は、5〜10秒程肛門をティッシュなどで押さえましょう。

ポイント
☆2つ使用する場合は時間を空けましょう

鎮痛解熱用とけいれん予防の座薬の場合、けいれん予防坐薬1個を挿入して30分位たってから鎮痛解熱用坐薬を挿入します。

鎮痛解熱用は、高熱でも元気そうなら使わなくても良いです。
一度使用したら次に使うのは6時間以上空けましょう。

 

坐薬の保管方法

冷蔵庫に保管するものが多いです。保存方法を守ってお使いください。

赤ちゃんにシロップ薬を飲ませる方法

シロップ薬をこぼさずに赤ちゃんに飲ませたい

シロップ薬は、赤ちゃんや幼児でも飲みやすくするため液状になっています。

そのため、有効成分がボトルの底にたまっていることがありますので、飲ませる際には注意が必要です。

服用直前に、ボトルを泡が立たない程度に軽く振りましょう。

また、ボトルに添えられたスポイドやカップで1回量を正確に量りましょう。

 

1.スプーンでの飲ませる場合

吐き出してしまう事もあるのでなるべく奥の方に入れてください。

2.スポイドで飲ませる場合

頬の内側のなるべく奥の方に流し込みます。
のどを突かないよう注意してください。

ポイント
使用したスポイドは細菌が繁殖する可能性があるので、必ずよく洗い乾燥させます

 

3.小さめのコップで飲ませる場合

少し大きくなったら小さめのコップでそのまま飲ませることができます。
薬の甘みを嫌がるお子さんには、飲み残さない程度の水で薄めてあげても大丈夫です。

赤ちゃんの場合

哺乳瓶の乳首に薬を入れて飲ませます。

空の乳首を吸わせておいて、その後に薬液を  入れるとスムーズに飲みやすくなります。

薬を飲ませた後は、水または湯冷ましをのませてあげましょう。

赤ちゃん シロップ飲み薬

シロップ薬の保管方法

シロップ薬はカビ等の汚染を受けやすいため、冷蔵庫に保管してください。

薬局で作られた薬は1週間程度しかもちません。

期限が過ぎたら捨てるようにしてください。

 

 

 

粉薬を赤ちゃんにうまく飲ませる方法

粉薬を赤ちゃんにうまく飲ませたい

 

赤ちゃんは、せっかく病院で処方された薬でも、思ったように薬を飲んでくれず、苦労することが多々あります。

特に粉薬・ドライシロップともなると、口の中に無理矢理入れても吐き出してしまいます。

そんな時にうまく薬を飲んでもらう方法として、飲み物や食べ物に混ぜて飲ませる方法があります。

今回は飲み物や食べ物などを使って赤ちゃん、乳児に薬をうまく飲んでもらう方法をお伝えします。

粉薬

飲み物・食べ物を使って薬を飲ませる

ドライシロップは、薬に甘みや香りが添付されています。

抗生物質(抗菌剤)のほとんどがこのタイプです。

これらを赤ちゃんに飲ませるために、うまく工夫しましょう。

1.ペースト状にして飲ませる 薬を小さな容器に出し、ごく少量の水かぬるま湯を加えてペースト状にねります。
清潔な指の腹でとって、ほほの内側か、上あごにすりつけます。 その後、水やぬるま湯を飲ませます。

【注意】 舌には乗せないようにしてください。 舌は苦みを感じる部分だからです。

2.水などに溶かせて飲ませる 飲み残さない程度の量の水やぬるま湯、ジュースなどに溶かして、スピーンやスポイト、コップなどで飲ませます。
抗生物質では、ジュースに混ぜると逆に苦みを増す種類もあるので、分からない場合は薬剤師に確認しましょう。

【注意】 ねったり溶かしたりするのは、必ず服用直前にします。
特に水に溶かした場合、長時間そのままにしておくと苦みが強くなったり、薬の効果が弱くなってしまうことがあります。

3.食べものに混ぜて飲ませる ジャム、ゼリー、ヨーグルト、プリンなど、お子さんが好きな食べものに混ぜて飲ませることもできます。
ただし、薬を全部飲んでもらうために、食事の量は子供が食べきれる量にします。

image0114

粉薬の管理方法に注意

粉薬の保管方法 粉薬の保管方法も大切です。

湿気により成分が変化する場合がありますので、チャック付き袋や缶などに乾燥剤を入れて、湿気が入らないように気をつけてください。

冷蔵庫で薬を保管する光景を目にすることもありますが、冷蔵庫に保管すると霜や取り出したときの急な温度差で湿気を帯びますので注意してください。

 

 

赤ちゃん・乳児への薬の飲ませ方

赤ちゃんへの薬の飲ませ方の基本

「赤ちゃんにはどうやって薬を飲ませるの?」
「赤ちゃんに薬を飲ませないといけないけど、うまく飲んでくれない・・・。」
「赤ちゃんも食後?どのタイミングがいいの?」

そんな悩みをかかえているお母さんはたくさんいます。

今回は、そんな悩めるお母さんが、赤ちゃんに薬を飲ませる方法をお伝えします。

 

いつ飲ませるの?

赤ちゃんの薬多くの薬は、食後でなくてもかまいません。

大人の薬と違い、通常の服薬量で空腹時に胃を荒らすことはほとんどありません。

病気のお子さんは規則正しく食事が摂れないことが多く、母乳やミルクの赤ちゃんは食後が分かりにくいので、食前に飲ませていただいて結構です。

母乳・ミルクの場合

前後30分くらいは哺乳を控えましょう。
哺乳でお腹いっぱいになっている時に服薬すると、薬とミルクが混ざった物を吐きやすいためです。

 

服用・間隔は守りましょう

1日3回の薬は8時間毎に、1日2回の薬は12時間毎に服用するのが理想的です。

2〜3時間のズレは気にする必要はありませんから、お子さんの生活リズム(睡眠パターン)を崩さないようにすることが大切です。

お昼の薬が保育園や幼稚園では飲みにくいという時は、「朝、夕、寝る前」などでも大丈夫です。

 

薬をミルクに混ぜて飲ませない

赤ちゃん薬の飲み方薬をミルクに混ぜてしまうと、全部飲まなかったり、ミルクの味が変わり、ミルクが嫌いになって飲まなくなってしまうことがあるので、混ぜないようにしましょう。

 

 

 

 

インフルエンザ予防接種

医師が解説!インフルエンザを防ぐ方法とは?

2016年まであと1ヶ月となりました。

早いものでファミリークリニックあいも、三国にオープンしてから12月で1年となります。
これからも淀川区三国、東三国、宮原、新大阪地域の方々にとって安心して受診いただける医療機関として医療サービスを提供して参りますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

さて、これからの時期に流行る病気と言えば「インフルエンザ」です。
今回は、誰もがかかる可能性のある病気「インフルエンザ」についてお伝えします。

 

インフルエンザの予防接種はどうして毎年受けるの?

予防接種といえばBCGや肺炎球菌、日本脳炎などいろいろな種類があります。

これら予防接種には、事前に体に抗体をつくって免疫力を高め、病気の予防や万が一かかったとしても、重症化しにくいようにする効果があります。

予防接種は、一回接種や一定の期間内に数回に分けて接種するものが多くを占めますが、インフルエンザの場合は、流行時期を前に毎年接種することが効果的とされています。

20年ほど前までは、集団感染を防ぐために、毎年学校で集団接種が行われていました。

なぜインフルエンザは他の予防接種とは違い、毎年行われているのでしょうか?

 

インフルエンザの抗原は変化する!

インフルエンザウイルスには、ウイルスの抗原が毎年のように変化(連続変異)するという特徴があります。

インフルエンザは、A型、B型、C型の3種類が存在し、国内で秋から冬にかけて流行するインフルエンザは、A型とB型を指します。C型の症状は全般的に軽く、大規模な流行とはなりません。

A型は更に2種類に分けられ、A/H1N1(2009年パンデミック型)とA/H3N2(香港型)となります。

これに合わせてB型の3種類のインフルエンザウイルスは、毎年世界中で流行を繰り返しています。

流行するウイルス型や亜型の割合は、国や地域で、また、その年ごとにも異なっています。

先に述べた通り、人は例え感染症に感染しても、原因の抗原(ウイルスや細菌などの病原体)に対して抗体ができます。

しかし、インフルエンザの場合は、ウイルスの抗原が変化するため、できあがった抗体が新たに変化したウイルスに対して十分に働かず、再び感染してしまうリスクがあるのです。

つまり、毎年インフルエンザの予防接種が推奨されているのは、変化したインフルエンザに対抗する手段なのです。

 

インフルエンザの症状

インフルエンザは、乳幼児から高齢者まで年齢や性別に関わらずかかる病気です。

インフルエンザを発症すると、38度を超える高熱が出て、寒気やだるさ、頭痛、関節や筋肉の痛みなど、全身の症状をともないます。

他にも、のどの痛み、鼻水、鼻づまり、鼻からのどにかけての炎症、咳などがみられることもあります。

また、高齢者がインフルエンザにかかった場合は、肺炎を起こしやすく、乳幼児の場合には、脳症や心筋炎などの重い合併症を引き起こすこともあるため注意が必要です。

 

インフルエンザを予防する方法

インフルエンザに感染するルートは主に2つあります。

1つめは、インフルエンザにかかった人の咳やくしゃみを介してうつる「飛沫感染」です。

インフルエンザウイルスへの感染の多くはこの「飛沫感染」です。

2つめは、インフルエンザウイルスがついているタオルや容器などを触ることで口や鼻などを介して感染する「接触感染」です。

これらの感染リスクを減らすには、マスクの着用や流水、石鹸による十分な手洗いが効果的です。

また、人ごみや繁華街への外出を控え、室内では適切な湿度(50-60%)を保ち、バランスの良い食事と休養を心がけましょう。

インフルエンザを予防する有効な方法として、流行前のワクチン接種が挙げられます。インフルエンザワクチンは接種すれば確実にかからないというものではありませんが、ある程度発症

を予防し、また例えかかっても重症化することを阻止する効果が知られています。特に重症化のリスクの高い高齢者、乳幼児や、糖尿病、喘息などの慢性疾患をもつ方はシーズン前に接種されることをお勧めします。
(12月中には接種を終わらせておくことが望ましいです)

 

インフルエンザにかかったら?

冬から春にかけての流行時期に、突然高熱が出た場合は、インフルエンザの可能性が疑われます。

具合が悪い場合は、近くの病院やクリニックなどで診察を受けましょう。

最近は外来で短時間で簡単に診断が可能な検査キットが利用されており、インフルエンザの診断が容易に行えるようになりました。インフルエンザの検査は発症して12時間程度経過した後に検査するのが最適といわれており、発症早期や逆に時間が経ちすぎている場合は正しい検査結果が出ない場合があります。

実際の診察現場では、症状や流行状況も合わせて、医師が総合的に判断して、インフルエンザの診断を行っております。
(インフルエンザの診断に検査は必須ではありません)

インフルエンザにかかった場合は、十分な休養と水分摂取が最も大切です。

熱が高くてつらいときには、解熱薬を使用することがありますが、その場合、カロナール、アルピニー座薬などのアセトアミノフェンを使用します。ロキソニン、ボルタレンなどのNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)は脳症のリスクもあり使用できません。

また、病院やクリニックなどの医療機関では、タミフルやイナビルなどの抗インフルエンザ薬を処方することがあります。

抗インフルエンザ薬は、実際には症状の改善を1日程度短くするという効果が期待できるものですが、発症48時間を過ぎると効果がありません。

このように、抗インフルエンザ薬を処方すべきかどうかは、状況によりますので、医師の判断によります。

淀川区三国のファミリークリニックあいでは、内科、小児科を中心に、インフルエンザの予防接種、インフルエンザの診療をおこなっています。

インフルエンザ予防接種、診察のご予約はお気軽に下記まで!

06-6150-2051

インフルエンザ予防接種の詳細はこちら

手足口病ってどんな病気?すぐ治るの?

手足口病ってどんな人がかかるの?

主に乳児や幼児に見られる感染症です。

まれに成人もかかりますが、厚生労働省の報告によると例年90%前後を5歳以下の乳幼児が占めているようです。

こどもを中心に、夏場に流行が多い傾向があります。

一度かかった場合でも、再度かかる可能性があります。

 

手足口病の症状とは?

手足口病の潜伏期間は3日〜5日程です。

手足口病はその名の通り、主な症状に手のひらや足、口などに水泡性の発疹ができます。

手足口病にかかると、はじめは、発熱・咽頭痛がありますが、発熱しても高熱になることは少なく、発熱しない場合もあります。

その後、1日〜2日目で、手のひら、あしの裏、口の中に水泡性丘疹ができます。

この水泡性の発疹は、肘や膝・臀部にも出る場合があり、7日〜10日続きます。

口の中にできた水泡性丘疹には、痛みがあり、特にこどもの場合は、痛みからごはんが食べられないこともあり食事へ影響が出てきます。

また、水泡が破れて潰瘍化する場合があります。

手足口病は、感染症の中でも軽い症状が多い病気ですが、まれに、中枢神経系合併症がみられることがあります。
たとえば、急性髄膜炎(頭痛・嘔吐)急性脳炎・心筋炎などです。

 

原因は何ですか?

主に、エンテロウイルス属が原因となります。

感染経路は、飛沫感染、接触感染、糞口感染などが考えられ、5歳以下の発症が多いことからも、保育園や幼稚園などでは、特に衛生面の注意が必要です。

 

手足口病の予防法と治療法

手足口病に効果的なワクチンはなく、かかっても特効薬や特別な治療法もありません。

手足口病にかかった場合は、ほとんどの場合、7日〜10日ほどで自然治癒しますので、安静が大切です。

つらい症状が出ている場合には、症状を和らげるようなお薬を使用することもあります。

また、ウイルスに感染しないためには、日頃からのうがいや手洗いの励行など基本的な感染予防を心がけましょう。

 

ファミリークリニックあいは、内科、小児科を中心に大阪の淀川区三国で地域のかかりつけ医として診療をおこなっております。

頭痛、腹痛の他、こどもの調子が悪いなど、些細なことでもご相談ください。

06-6150-2051

夏かぜ?こどもがかかるヘルパンギーナとは?

024767

ヘルパンギーナって何?

ヘルパンギーナは主に乳幼児に発症しやすく、高熱が出たり、口内炎、のどちんこの炎症といった症状が出るウイルス性の咽頭炎です。

6月下旬から8月中にかけて流行することが多いので、いわゆる“夏かぜ”の代表的な病気としても有名です。

9月から10月くらいになるとほとんど見られなくなるため、夏にかかりやすい病気といえます。

 

ヘルパンギーナの症状

ヘルパンギーナにかかると高熱(38〜40度近い高熱)、高熱による倦怠感や関節痛、口内炎、口腔内に複数の水泡、ただれ、口の中が痛いなどといった症状が現れます。

口の中が痛むため、あまり食事を食べられなくなるといったこともあります。

 

ヘルパンギーナの原因は?

ヘルパンギーナはウイルス感染によって引き起こされます。

「エンテロウイルス」と呼ばれるウイルス群で、その中でも特に「コクサッキーウイルス」が原因となって発症します。

潜伏期間は2〜4日であり、発症後発熱は2〜4日程度持続します。

症状が治まれば感染力は弱まりますが、2〜4週間は便からウイルスが検出されることもあります。

また、大人が感染することもあり、その場合症状がやや重くなることがあります。

飛沫感染が主な原因となります。

全身状態がよければ登園や登校も可能ですが、こどもの状態にもよりますので、医療機関でも相談するようにしましょう。

 

ヘルパンギーナの治療法は?

ヘルパンギーナにかかった場合、あるいは感染した可能性がある場合は、安静にして高熱に伴う脱水症状を防止する為に、水分補給をしっかり行う事が大切です。

口腔内に炎症を起こすため、酸味のある果物、ジュースは痛みが強く痛がることも多いので、イオン飲料や湯冷ましなど、刺激の少ないもので水分補給を心がけましょう。

口腔の水泡は2~3日ほどで表面が破れてただれてきますが、1週間ほどで口腔内の皮膚も回復します。

発熱は2~3日程で下がりますが、長期間下がらない時は、髄膜炎などを発症している可能性もある為、必ず医療機関での診察を受けましょう。

 

ヘルパンギーナを予防するためには?

抗ウイルス剤や予防接種などはありません。

うがい、手洗いを励行し、特に家族など身近に感染者がいる場合や流行期に人が大勢いるところに出かける時はマスクをするなど基本的な予防を心がけましょう。

乳幼児がかかった場合は、おむつ交換時に糞口感染(便に触れたてから体内にウイルスが侵入する感染)する可能性も考えられますので、使い捨ての手袋を使用しましょう。

 

小児科、内科はファミリークリニックあいへ

大阪三国のファミリークリニックあいでは、東三国、三国エリアを中心に他の病院や医療機関とも連携しながら地域の方々の健康を維持するための医療サービスを提供しております。

また、利便性を高め、病院の待ち時間を改善するために、インターネットでの診療予約や順番の確認ができるよう体制を整えております。

体調不良やこどもの急な発熱、健康診断、往診のご相談などがあれば、いつでもお気軽にご相談ください。

 

三国、東三国地域のファミリークリニックあい
06-6150-2051

原因不明のこどもの発熱!「川崎病」って何?

ウイルス

原因不明の病気『川崎病』

“川崎病”と聞くと「聞いたことはあるけどどんな病気かわからない」という人が多いのではないでしょうか?

川崎病を発症するのは、0〜4歳くらいまでのこどもが多く、その中でも特に多いのが1歳前後の乳児と言われています。

また、川崎病の原因は、細菌やウイルス感染、遺伝的な素因との関連が考えられていますが、まだ原因はわからないという原因不明の病気です。

 

川崎病の症状

川崎病には主に下記の6つの症状があり、このうち5つを満たせば川崎病と診断されます。

ただし、前期の症状がそろわない不全型の川崎病もあります。

 

  • 発熱:5日以上続くことが多い
  • 両目の充血:白眼(眼球結膜)が赤くなるが、目やにはあまり出ない。
  • イチゴ舌:舌の表面に赤ブツブツが目立つ。唇も赤く腫れる。
  • 発疹:大小様々な発疹で手足や体に出る。BCG接種部分も赤く腫れる。
  • 四肢末端の変化:手足が固く腫れる。
  • 非化膿性頸部リンパ節腫脹:首のリンパ節が腫れて痛くなる。

 

最も問題になるのは、冠動脈という心臓の血管に炎症が起きて、こぶ(冠動脈瘤)ができてしまうことです。

しかし、炎症が軽いと冠動脈瘤はできずにすむこともあります。

 

川崎病のリスクと予防法は?

冠動脈瘤ができてしまった場合、冠動脈瘤障害が原因で動脈がつまり、心筋梗塞を起こす危険性があります。

免疫グロブリン製剤の点滴などの治療が必要になりますので、原則入院が必要になります。

治療の目標は、急性期の炎症をなるべく早く落ち着かせて、冠動脈瘤ができるのを予防することになります。

また、原因が不明のためこれといった予防は難しいのが現状です。

 

こどもを持つ親御さんへ

大阪三国のファミリークリニックあいでは、家庭医療を実践しております。

地域に密着した医療サービスを提供するため、 内科、小児科を中心に診療を行い、地域の方々の健康維持を目指しております。

そのため、乳幼児から高齢者まで、年齢に関わらず診療しております。

特にはじめてのこどもを持つ親御さんは、こどものちょっとした体調の変化でも気になることが多いかと思います。

こどもの体のことで気になることがあれば、いつでも何なりとお気軽にご相談ください。

三国、東三国地域のファミリークリニックあい
06-6150-2051

※診療以外にも健康診断、往診、予防接種、乳児健診、禁煙外来も実施しています。

2 / 41234

ページトップへ戻る