お電話

ホーム > あいのブログ > 【第6回】揚げ物や甘いもので注意するポイントは?

【第6回】揚げ物や甘いもので注意するポイントは?

ツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加

揚げ物の油の吸収を抑えるには?

揚げ物を食べる際に注意するべきポイントは、揚げ物の衣です。

揚げ物の衣は油を吸収するため、唐揚げや素揚げよりもフライや天ぷらの方が油の吸収率が高くなります。

そのため、素材を大きく切ったり、衣を薄くする、揚げ時間を短くするなどして油の吸収を抑えましょう。

また、甘いものも、中性脂肪を上げる原因となります。

菓子類の中でも、洋菓子はバターや乳製品、卵などが多いため控えめにしましょう。

洋菓子に比べると和菓子の方がお勧めです。

揚げ物や菓子類を毎日のように食べると、コレステロールが溜まりやすくなりますので、食べる頻度を減らしたり、食べる量を減らすなど工夫しましょう。

次回は、運動で善玉(HDL)を上げる方法を解説します。

ページトップへ戻る