お電話

ホーム > あいのブログ > 赤ちゃん・乳児への薬の飲ませ方

赤ちゃん・乳児への薬の飲ませ方

ツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんへの薬の飲ませ方の基本

「赤ちゃんにはどうやって薬を飲ませるの?」
「赤ちゃんに薬を飲ませないといけないけど、うまく飲んでくれない・・・。」
「赤ちゃんも食後?どのタイミングがいいの?」

そんな悩みをかかえているお母さんはたくさんいます。

今回は、そんな悩めるお母さんが、赤ちゃんに薬を飲ませる方法をお伝えします。

 

いつ飲ませるの?

赤ちゃんの薬多くの薬は、食後でなくてもかまいません。

大人の薬と違い、通常の服薬量で空腹時に胃を荒らすことはほとんどありません。

病気のお子さんは規則正しく食事が摂れないことが多く、母乳やミルクの赤ちゃんは食後が分かりにくいので、食前に飲ませていただいて結構です。

母乳・ミルクの場合

前後30分くらいは哺乳を控えましょう。
哺乳でお腹いっぱいになっている時に服薬すると、薬とミルクが混ざった物を吐きやすいためです。

 

服用・間隔は守りましょう

1日3回の薬は8時間毎に、1日2回の薬は12時間毎に服用するのが理想的です。

2〜3時間のズレは気にする必要はありませんから、お子さんの生活リズム(睡眠パターン)を崩さないようにすることが大切です。

お昼の薬が保育園や幼稚園では飲みにくいという時は、「朝、夕、寝る前」などでも大丈夫です。

 

薬をミルクに混ぜて飲ませない

赤ちゃん薬の飲み方薬をミルクに混ぜてしまうと、全部飲まなかったり、ミルクの味が変わり、ミルクが嫌いになって飲まなくなってしまうことがあるので、混ぜないようにしましょう。

 

 

 

 

ページトップへ戻る