お電話

ホーム > あいのブログ > 手足口病ってどんな病気?すぐ治るの?

手足口病ってどんな病気?すぐ治るの?

ツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加

手足口病ってどんな人がかかるの?

主に乳児や幼児に見られる感染症です。

まれに成人もかかりますが、厚生労働省の報告によると例年90%前後を5歳以下の乳幼児が占めているようです。

こどもを中心に、夏場に流行が多い傾向があります。

一度かかった場合でも、再度かかる可能性があります。

 

手足口病の症状とは?

手足口病の潜伏期間は3日〜5日程です。

手足口病はその名の通り、主な症状に手のひらや足、口などに水泡性の発疹ができます。

手足口病にかかると、はじめは、発熱・咽頭痛がありますが、発熱しても高熱になることは少なく、発熱しない場合もあります。

その後、1日〜2日目で、手のひら、あしの裏、口の中に水泡性丘疹ができます。

この水泡性の発疹は、肘や膝・臀部にも出る場合があり、7日〜10日続きます。

口の中にできた水泡性丘疹には、痛みがあり、特にこどもの場合は、痛みからごはんが食べられないこともあり食事へ影響が出てきます。

また、水泡が破れて潰瘍化する場合があります。

手足口病は、感染症の中でも軽い症状が多い病気ですが、まれに、中枢神経系合併症がみられることがあります。
たとえば、急性髄膜炎(頭痛・嘔吐)急性脳炎・心筋炎などです。

 

原因は何ですか?

主に、エンテロウイルス属が原因となります。

感染経路は、飛沫感染、接触感染、糞口感染などが考えられ、5歳以下の発症が多いことからも、保育園や幼稚園などでは、特に衛生面の注意が必要です。

 

手足口病の予防法と治療法

手足口病に効果的なワクチンはなく、かかっても特効薬や特別な治療法もありません。

手足口病にかかった場合は、ほとんどの場合、7日〜10日ほどで自然治癒しますので、安静が大切です。

つらい症状が出ている場合には、症状を和らげるようなお薬を使用することもあります。

また、ウイルスに感染しないためには、日頃からのうがいや手洗いの励行など基本的な感染予防を心がけましょう。

 

ファミリークリニックあいは、内科、小児科を中心に大阪の淀川区三国で地域のかかりつけ医として診療をおこなっております。

頭痛、腹痛の他、こどもの調子が悪いなど、些細なことでもご相談ください。

06-6150-2051

ページトップへ戻る