お電話

ホーム > あいのブログ > こどもがかかりやすい中耳炎!やっぱりお風呂やプールはダメ?

こどもがかかりやすい中耳炎!やっぱりお風呂やプールはダメ?

ツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加

010958

こどもがかかりやすい中耳炎!

こどもがかかりやすい病気のひとつが急性中耳炎です。
こどもがよく中耳炎になるのは、抵抗力が弱く風邪を引きやすいことと、管の仕組みが関係しています。
こどもの耳の管(耳管)は、大人と比べ、太く短く、傾きも水平に近いため、細菌が耳に入りやすいためです。
中耳炎は、生後6ヶ月から6歳くらいまでにかかりやすく、完治しなければ再発したり、完治まで長期化することもあります。
また、治りきらなければ、滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん:耳管が詰まり、滲出液が鼓膜の内側にたまる)に移行することがありますので、なるべく早く適切な治療を受けることが望まれます。

耳が痛いときは中耳炎を疑う!

中耳炎にかかると耳の痛みが出ます。
こどもが耳を痛がった場合は、中耳炎の可能性があります。
まだ、痛みがあってもうまく伝えられない乳児や幼児の場合、泣きやまなかったり、しきりに耳に手を当てることがあれば、中耳炎のサインかもしれません。
そのような場合は、綿棒でこどもの耳を確認し、耳垂れがあれば中耳炎の可能性が高いです。
また、他の症状としては、発熱する場合があります。
このように、耳の痛み、耳垂れ、発熱がある時は、中耳炎を疑いましょう。

急性中耳炎は風邪に合併して起こる!

中耳炎は、のどや鼻についた細菌やウイルスが耳管を通って中耳に入り、炎症を起こすことによって発症します。
また、急性中耳炎は、多くの場合が風邪に合併してかかります。
普段から風邪の予防(手洗いうがい)を心がけること、こどもが鼻かぜをひいたら鼻水をとってあげたり、鼻をかむようにしましょう。

また、受動喫煙(他人のタバコの煙を吸ってしまうこと)があると、中耳炎になりやすいといわれています。

特に小さなお子さんがおられる親御様は、頑張って禁煙にチャレンジしてみましょう!

お風呂やプールはどうすればいい?

こどもが中耳炎にかかった場合に、よく聞かれるのがお風呂やプールについてです。
お風呂は、耳の痛みや耳垂れがなかったり、熱が治まっていれば入っても問題はありませんが、耳に水が入らないように注意しましょう。
プールについては基本的には中耳炎が治るまでは避けましょう。

中耳炎の治療はどうするの?

急性中耳炎は軽症であれば、自然に良くなることも多いのですが、症状がひどい場合や年齢が低いなど重症化のリスクのある場合には抗生剤による治療が必要になります。

中耳炎の可能性があるときは、当院でもお気軽にご相談下さい。

171949

ページトップへ戻る